学校紹介

理事長・校長あいさつ

夢を育み、情熱を傾けて

古川学園上越高等学校は1904年に創立され、100有余年の星霜を重ね、2014年に創立110周年を迎えました。「自主、誠実、礼節」を校訓として、社会の期待に応える若人の教育に努めて参りました。約24,000人の卒業生の皆さんが、地域社会を始め様々な分野で社会に貢献されてきました。

創立110周年記念事業として2013年6月に着工した校舎全面改築は順調に進み、2014年10月に竣工し移転することができました。「心豊かな若者を育む学び舎」「学ぶ意欲を高める学び舎」「地域と連携する学び舎」のコンセプトのもとに建築を進め、高等学校に相応しい明るく爽やかな校舎ができました。

 これからの高校生には、複雑化し国際化する社会に対応し、先端の文化や技術を担う学力と活力を身につけることが求められます。そのために上越高等学校では教師が真正面から生徒の皆さんと向き合い、皆さんの学び、成長する意欲を引き出すことに取り組んでいます。生徒一人ひとりの個性と目標に合わせた私立高校ならではのきめの細かい教育を心がけています。

 上越高等学校は郷土の英雄上杉謙信公の居城春日山に近く、城下町高田の文化の香りがする寺町にあります。緑豊かで落ち着いた環境にあるこの上越高校で、多くの皆さんが夢を育み、情熱を傾けて勉学や部活動にうちこむことを願っています。

学校法人古川学園 理事長 工学博士 古川 泰男

あいさつ

 上越高等学校は明治37年に創立された伝統ある私立高校です。私立学校には建学の精神があります。本校は、建学の精神「自主 誠実 礼節」を創立以来ずっと教育の根本として受け継いでいます。科学技術の進歩とともにグローバル化が進んだ今日、国が単独で成り立つことは困難な時代です。
 次の時代を担う若い人たちが、時代が求める知識と教養、自ら考え行動する力、広く世界と協働していくためのコミュニケーション力を身に着けられるよう、上越高等学校は様々な取組を行っています。思考力、表現力を育成する授業展開、国際理解教育と英語教育の充実、活発な部活動や地域貢献活動、しっかりした生徒指導など、どれも建学の精神を基に取り組んでいます。
 最近、本校の教育は地域の方々に深くご理解いただけるようになり、いろいろな形でご支援を受けています。地域とともにある学校が今の上越高等学校です。

上越高等学校長 風間和夫